憎きメタボリックシンドロームにならないために!

女性とメタボリックシンドローム

トップページ > 女性とメタボリックシンドローム

女性はどちらかというとメタボリックシンドロームにはなりにくいようです。

女性は、女性ホルモンの関係から皮下脂肪がつきやすいため、一見するとお腹の周りがポッコリとしていていても、内臓脂肪が案外少ないという場合が多いからです。

逆に男性の場合、「男性ホルモン」による影響で、内臓脂肪が貯まりやすいという体質となっています。

心筋梗塞・そして脳梗塞の危険域であるとされる年齢においても、男性は45歳以上であるのに対し、女性は55歳以上となっており、その差はなんと10年の開きが出てきているのです。
こうしたことも、男性の方が内臓脂肪が貯まりやすいという要因が大きな原因といえるでしょう。

女性のメタボリックシンドロームは、更年期から要注意!

こうしたことから、女性は男性より内臓脂肪が貯まりにくくいたい質であるため、男性に比べると比較的メタボリックシンドロームとなる危険性は低いということがいえます。
ですが、女性の場合は更年期を過ぎて、閉経を迎えるあたりからが要注意です。

女性が更年期となり閉経すると、女性ホルモンの分泌量は激減してきます。そして、急激に内臓脂肪が貯まりやすい体質へと変化していくのです。

そもそも女性ホルモンには、強力な抗酸化作用という働きがあることが知られています。
つまり、活性酸素による害から身体を守る作用があるということです。
この働きが、内臓脂肪を溜めにくくさせるような働きにも繋がっています。
ところが、 この女性ホルモンの分泌が弱まってくると、様々な健康的な障害が起こる可能性が高まってくるのです。

このように、内臓脂肪とメタボリックシンドロームの間には、年齢によってホルモン分泌量も大きく関わってくるということです。

Favorite

マンションのリノベーションを京都で依頼

2017/6/9 更新

TOP